して照会してもらえばよいということがほとんどです

クレカを持っていると一般的には利用明細書の案内があります。

この利用明細を保管しておけばどこの店で何月何日にどんな物にクレジットカードでいくら分消費したのかに関する詳細事項が見やすい表になっているため、これまでのそのクレカを使ったリストを確認するのが簡単で安心です。

これをメインとするのはある意味少し無理があると思いますが、ミニ収支記録みたいなものとしてファイルすることも面白いし、家計管理にも役立つでしょう。

加えて上記のクレカ利用明細書の通知があってから普通は半月ほどで決済金額の支払いが行われます。

なので手元のカード明細書を見比べて身に覚えのないリスト一例として決済したこともないWEBサービスが記載されていれば、クレジットカード会社に電話をして照会してもらえばよいということがほとんどです。

万が一クレジットカード不正利用をはじめとするありえないカード利用が確認された際にも使用者にミスがない限りは通常の事例においてはクレジットカード会社がそういった不正な使用を免除してくれます。

近頃ではそのようなカード利用明細をホームページで見られるブランドが普通になっています。

どのショップでどのようなサービスを購入したかをモニタしておく習慣にしてカード犯罪を防止するのはもちろんのこと家計簿として使うアイディアもあり家計管理等もいっぺんに可能です(ネットで確認することができるブランドは前の使用履歴や利用可能ポイント数なども照会OK)。

カードはこういった意味でも大変力になる手立てになっていると言えます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.macons.info All Rights Reserved.