www.macons.info

商店で全部のクレカが使えるのでもありません。◇クレジットカードの加入店舗は一般的に、たくさんのクレジットカードの運営会社とライセンスを結んでいますが不便ですが全ての加盟店舗で全ての運営会社の所有カードが決済できるわけじゃありません。一例をあげると昔からある店舗のときにはJCBマークの付いているカードしか決済できない状況もあるしこの頃の契約店だとビザとかMasterCardブランドの書いてあるやつのみしか決済できないときもあるものです。銀聯に類するクレカ会社の場合にはもっともっと使えない店舗が増えるんじゃないでしょうか。どのブランドの所有クレジットカードが使えるかをいかなる方法で判断するといいものか「ならばいかにしてどのロゴのカードが切れるかを確かめたらいいの?」という質問ですがきちんとしたことを判断するにはそこの方に確認してみるのみ、ていうのが実のところその答えです。でも大部分の売り場やフードコートには店舗のドアのところに切れるクレジットカードの案内がプリントされている加盟シールが掲示されている理由から、「ふーんあのショップはVISAカードが切れるんですね」というのがわかるようになってるため頭に入れておいていただけるとよいと思います。しかしながら、正しく確認が出来ていない加盟店舗の場合にはロゴマークが貼られているお店でも「ここでは○○クレジットカードはご決済いただけません」といったような回答をもらってしまうなんてこともあるわけで、冷や汗をかいてしまう状況に出くわしかねません。贅沢をいえば可能な限りは全部の加盟店でクレカが使用できるようにするためにも別の種類のグループ(国外ブランド)がある一般的なVASA、マスターカードJCB、ダイナースカード、ライフカード、などのクレカを複数枚財布に入れておくようにするようお勧めします。(例えば:UCカードをすでに持っているならその次はダイナースカード付属のクレカを契約するなど等)。もっぱら日本ではVISA、MasterCard、JCBカードの3つの印が書かれているカードをその都度使っていれば、よほどのことがない限り全国の契約店で少なくとも1枚のカードを渡す機会があります。クレカを使用して有効的にマイル取得を目指すためには、万能に対応できるクレジットカードを財布に忍ばせておいていただくようお勧めします。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.macons.info All Rights Reserved.