www.macons.info

使用明細レシート保管する必要はないのか?正解について冒頭で申し上げると保存する重要な理由は別にないと思います。個人個人で所持することによって自身が決済した証跡を残したいという際には捨てなければよいのだし、逆にそういう痕跡は無くても問題ないと考えるのであればとっておく必然性はないと思われます。だが月々受け取る使用明細書との確認作業をする時にはもれなくそれらの明細レシートは不可欠となります。その時までは最低限保管しないと、どこで何月何日にいくら使用したのかというのが不明になることだけでは済まず、誤請求やダブりがあるかの確認もできなくなってしまうのでリスキーです。特段決済した大きさレシートを保存していないと覚えていないはずです。少なくとも利用明細書類が手元に届く1ヶ月か2ヶ月程度はレシートを無くさないようにしたい。クレジットカードのレシート処分の手段》クレジットの利用レシート廃棄の手段は非常に簡単なのです。第三者に不正使用されないよう、小さく破って廃棄するだけで大丈夫である。自家用裁断機等が自宅で使える場合には念には念を入れて使うのが良いでしょう。クレジットカードの使用を記載している明細レシートであるのだからクレカナンバー等、機密の情報について判別されてしまう情報がふんだんに記載されています。普通のレシートと思わず処分は慎重に行うべきです。今では悪用防止のために明細レシートにクレジット番号といった個人を特定する情報が表記されていないことも出てきているようだが過度な安心は禁物である

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.macons.info All Rights Reserved.